弊社のゴールデンパールの特徴

金色の真珠について

一般的に皆さんがイメージするゴールデンパールの濃さは様々なようです。
それは、金色の真珠があまりにも希少なため目にする機会が少なく、また色の濃さの違いは比較対象物が無ければ、比べることが非常に難しいからでしょう。

弊社では「金色」とは“貴金属の金の色”が基準だと考えています。
貴金属の金の色と比較しても遜色のない濃さの真珠。

それが弊社のゴールデンパールです。

真珠の巻きについて

真珠の品質は「形」「大きさ」「巻きの厚さ」「テリの良し悪し」「傷の有無」など、いくつかの観点から評価されますが、弊社では“巻きの厚さ”をとても重要だと考えています。

挿核手術から収穫まで18~24ヶ月間、貝を丁寧に育てなければ深い味わいのある金色の真珠を作り出すことはできません。

弊社では、自然環境の保全や真珠生産管理に関わる作業に一手間かけることにより、高水準の巻き厚を維持して真珠を収穫しています。