コンセプト

金色の真珠を生産することは、とても難しいと言われてきました。
それは、ゴールドリップの白蝶貝が少ないという理由だけではありません。

太古からの自然がそのまま残されている海域でなければ金色の真珠を生産することができないからです。

いったん破壊された自然環境や生態系は、簡単には元にはもどることはありませんし、その海を深く理解したうえで自然環境を良好に保たなければ、貝を健康に育てることができず、最高品質のゴールデンパールは生まれてこないからです。

そのような貴重な海域で真珠を作るためには一切の妥協が許されません。

弊社では真珠養殖基地を作るにあたり、浄化槽施設の完備から始めました。
希少なゴールドリップの貝を、自然に逆らうことなく5年間丁寧に育て、初めて生まれてくる金色の真珠。

その金色の輝きは、大自然の恵みと、自然を愛し慈しむ努力が実った時にのみ生まれる色なのです。

貝から生まれた瞬間から深い金色の輝きを放つ真珠を、海の神様から人類への贈り物だと、私たちは考えています。